好きなものは何年たっても飽きない

記事,文具

むかしむかし、母へのバースディプレゼントを選びに入ったHermèsショップで、思わず衝動買いしてしまったものがある。

スカーフコーナーで母に似合いそうなイメージ通りのデザインがすぐに見つかったあと、奥のショーケースを見た瞬間に目を奪われてしまった。

それは、GLOBE TROTTER(グローブトロッター)という手帳。

本体はほぼA5サイズと大きくかなりの存在感。それまで使っていた手帳はB6サイズとコンパクトなシステム手帳だったので、さらに威圧感を感じた。

しかし持った瞬間に手放したくないと思ってしまって・・・

気づいたら「これもお願いします」と言っていた。

母に選んだ優しい色合いのスカーフと共に受け取ったオレンジボックス。家に帰る車の中で少し後悔。

その当時普通の会社員だったわたしに、何十万の手帳なんて不釣り合いなんじゃないかと。

家に帰ってそっと、リボンを外し丁寧に梱包された箱を開封する。

取り出した瞬間、これは気の迷いじゃない、やはりこの手帳はわたしのものだと確信した。

あれから10数年、いまもわたしの相棒としてそばにいる。

そんなわたしの特別な日に、同じ素材で名刺サイズの手帳をプレゼントしてくれた夫。

何か月も前からショップに問い合わせてくれていたそう。この手帳とわたしがリンクしてるみたいでうれしい。

好きになったものは何年たっても飽きない。